化粧水の正しい使い方

化粧水は、スキンケアの最初に行うもので、洗顔後のお肌にうるおいを届ける役割があります。

化粧水情報は初心者にも分かりやすいです。

美容液やクリームの方が美容成分が豊富なイメージがありますが、保湿はスキンケアの基本になるので大切です。


なんとなく使っている人が多いですが、化粧水は500円玉程度の量を手に取り、顔に付けていきます。



この時、手が冷たすぎたり、汚れていると顔に雑菌が付いたり、刺激を与えてしまいます。


手は良く洗って、冷えているようであれば、洗面器にお湯を用意してあたためておきましょう。
顔に付けていきますが、この時パッティングといって、叩くようにする人がいます。



うるおいを与えているつもりでも、お肌には刺激になっていることが多いです。
化粧水は手で顔を包み込むように、やさしくなじませるのがポイントです。
頬やおでこは面積が広いので扱いやすいですが、鼻や目元には手が届きにくいことがあります。

指の腹を使って、顔全体になじませていきましょう。ニキビなどの炎症があって、化粧水がしみてしまう場合は、無理に付ける必要はありません。うるおいが足りないと感じる部分には、重ね付けをしましょう。一度にたくさんつけるよりも、お肌の状態を見ながら調節した方が効果的です。
コットンを使っても構いませんが、絶対にお肌をこするようにしてはいけません。
コットンとお肌の摩擦によって、お肌の表面の保護膜を傷つけてしまい、赤みなど肌トラブルの原因につながってしまいます。