手を使った化粧水のつけ方

化粧水は、手を使ってつけたほうが肌に刺激を与えすぎないとされています。
手は、ハンドソープや石鹸などを使って手を清潔な状態にしてから始めます。

化粧水情報について考えます。

まず、適量の半分から半分よりも少し少ない程度の化粧水を手に取ります。
すぐに肌につけるのではなく、温めるように手のひら全体へ広げてからつけていきます。

また、適量を一気につけるのではなく、2回から3回に分けてつけた方が肌へのなじみが良くなります。

手のひらで顔全体に伸ばしていくときには、乾燥しやすい顎から頬にかけてのUゾーンやおでこから鼻にかけてのTゾーンの順番でつけていきます。手のひらは面積の広い部分、指の腹は目元や鼻の脇などの部位に合わせて肌へとなじませていきます。


全体へつけ終わったら、残りの適量の半分から半分よりも少し少ない程度の化粧水を手に取ります。


この分は、重ね付けに使っていくため、目元や小鼻などの細かい部分や乾燥の気になる部分へとつけていきます。


丁寧に押さえていきます。

適量をなじませ終わったらハンドプレスを行います。

顔全体を両手で優しくつつみ、10秒から15秒程度優しくプレスします。



丁寧に行うことで、より効果があらわれやすくなります。



手に肌が吸い付く感覚があれば、肌になじんだ証拠です。


手で化粧水をつけることで、刺激が少ないメリットや肌なじみがよくなるメリットがありますが、さらに直接触れることにより肌の状態を確認することが可能です。

ただし、収れんタイプはむいていないためその場合は、コットンなどを使うことです。

初心者向き化粧水

素肌のコンディションを握るのは化粧水だと言ったら、まさかそんなことはない、と反応をする女性もあるでしょう。繊細な女性たちの素肌は、高級なエステや高級な美容クリームなどで出来ている、そんなイメージがメディアの影響から出来上がっているためかもしれません。...

more

化粧水をもっと知る

男性の日常的な身だしなみとして、髭剃りがあります。しかし、この髭剃りは、肌にとっては非常に負担のかかる行為です。...

more

化粧水の実態

化粧水は、一般的なスキンケアの一番はじめに使われる、保湿を目的としたものです。サラサラとした水のようなテクスチャーのものと、トロッとしたとろみのあるテクスチャーがあります。...

more

化粧水のテクニック

化粧水は、スキンケアの最初に行うもので、洗顔後のお肌にうるおいを届ける役割があります。美容液やクリームの方が美容成分が豊富なイメージがありますが、保湿はスキンケアの基本になるので大切です。...

more